【鳥取県の注文住宅ランキング】人気の高い注文住宅業者の口コミや評判を徹底比較で紹介します!

注文住宅の庭のカスタマイズ!芝生・コンクリ・砂利のどれがおすすめ?

公開日:2021/02/01

「せっかくのマイホームだし庭もしっかりこだわりたい!」誰しも注文住宅の庭は見栄えや機能面をよくしたいですよね。芝生、コンクリート、砂利で庭をカスタマイズすることで、さらに生活を快適にしてくれることでしょう。この記事では、芝生・コンクリ・砂利それぞれのメリットやデメリットを紹介しているので、参考にしてみてください。

芝生の庭の特徴とメリット・デメリット

芝生の庭の特徴として、大きく天然芝と人工芝の2種類があります。天然芝は生きている植物なので緑の美しさを楽しめるでしょう。人工芝は素材が合成樹脂でできているため、枯れることなく維持コストはほぼかかりません。いずれも施工方法が専門的でDIYの難易度は高めなので、専門業者に依頼するのが無難です。

芝生のメリット

天然芝は自然な緑で景観も美しく、さらに人工芝に比べると初期費用を10分の1におさえられます。つい寝転がりたくなるほど柔らかくふかふかで気持ちいいので、子どもやペットの遊び場としても活躍するでしょう。植物なので手入れしているうちに愛着が湧いてくるかもしれません。一方、人工芝は芝刈りや雑草の除草などの手入れは必要ないので維持費がかかりません。芝が剥げたりすることがないので、子どもやペットが激しく走り回っても問題ないでしょう。また、防草シートを敷くので雑草が生えにくいようです。天然芝とは違い枯れることがないので、1年を通して青々とした緑が楽しめます。

芝生のデメリット

天然芝は定期的に芝刈りが必要で雑草の除去など手入れが大変です。しっかり根づかないとすぐ枯れるので、1年間は水やりなどの維持管理が必須でしょう。人工芝は施工が原因で水はけが悪いと、カビが繁殖し虫が湧いてしまいます。下準備の施工が多くなるため、初期コストが高いようです。経年劣化によって芝が寝てしまうので、10年に1回程度は交換する必要があります。

コンクリートの庭の特徴とメリット・デメリット

コンクリートの庭の特徴として、耐久性が高く色合いがグレーで落ち着いている色なので、シックでスタイリッシュな見た目です。コンクリートは硬化するまで流動的なので、模様をつけたりタイルを敷いたりするなど、住宅の景観や雰囲気に合わせてアレンジできます。また、オリジナルのデザインにすることが可能です。少量の面積のコンクリートならDIYすることも可能ですが、固まった後だと簡単に撤去することができないので注意してください。

コンクリートのメリット

耐久性が高いので、車が乗り上げて駐車場として利用しても全く問題ありません。コンクリートで覆われていると雑草が生えないので除草の手間がいらず、軽く掃除するだけでメンテナンスはほぼ必要ありません。汚れがついても水で洗えるので、常に綺麗な状態を維持できます。コンクリートは少し斜めに仕上げるので水はけもよく、雨水による住宅基礎へのダメージを防げるでしょう。

コンクリートのデメリット

施工後の乾燥収縮によってヒビ割れが入る可能性があります。ヒビが入ってしまうと隙間から腐食する可能性もあるようです。また、日差しの照り返しでコンクリート面が熱くなるので、やけどに注意してください。コンクリートには鉄筋を入れるので簡単に撤去することは難しく、撤去時には費用がかかります。

砂利の庭の特徴とメリット・デメリット

砂利の庭の特徴として、砂利は色、質、大きさでさまざまな種類があるので、洋風や和風どちらにも合わせられます。費用は芝生、コンクリートに比べて最も安く施工できる上に、防犯対策にもなるのでコストパフォーマンスは高いといえるでしょう。費用はなるべくおさえつつ、オシャレな庭に仕上げられます。砂利は施工方法が芝生やコンクリートに比べて簡単なので、DIYすることも可能です。

砂利のメリット

歩くとジャリジャリと音が鳴るので、防犯対策になります。特に家周りの死角となるようなところには音が鳴りやすい砂利を敷いておくと防犯面を強化できるでしょう。作業工程数も少ないので工事も早く終わります。さらに、透水性が良く水はけが良いので水溜りやぬかるみになりません。砂利の上では洗車する際も水が跳ねないので濡れることなく洗車できます。

砂利のデメリット

砂利の隙間のゴミの掃除は、ほうきでは行いにくいので手作業で掃除しないといけません。小さい子どもは砂利につまずいてケガをする可能性があるでしょう。また、車で出入りしているうちに敷地外に砂利が散らかってしまうこともあります

 

芝生は天然芝と人工芝があり、ガーデニングが好きな方や庭に緑が欲しい人におすすめです。コンクリートは耐久性が高く手間がかからないので、駐車スペースとしても使いたい人やメンテナンスに手間をかけたくない人に向いているでしょう。砂利は低コストで防犯対策にもなるので、なるべく費用をおさえたい人や防犯対策もしたい人におすすめです。

ここまで紹介したカスタマイズ方法は、自宅の庭をさらにグレードアップし、より機能的にしてくれます。決して安い買い物ではないので芝生、コンクリート、砂利のメリットとデメリットを知ったうえで、自分含め家族みんなが納得のいくものを選ぶことが一番大切でしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索