【鳥取県の注文住宅ランキング】人気の高い注文住宅業者の口コミや評判を徹底比較で紹介します!

安心して暮らせる!注文住宅は地震に強い耐震等級3がおすすめ

公開日:2021/02/15

近年、大きな地震が全国各地で起こっています。東北地震、大阪高槻の地震、新潟や熊本など各所で甚大な被害を受けました。そのような地震が今後また起こるかもしれないと懸念する人もいるでしょう。注文住宅会社には、耐震性を数値化した「耐震等級」があります。今回の記事では、注文住宅を建てる際に検討すべき「耐震等級」について紹介しましょう。

耐震等級について

そもそも耐震等級って何?

「耐震等級」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?これから家を建てる方はもちろん。「いつかマイホームを持ちたい!」という方は聞いたことがあるかもしれません。「耐震等級」とは、建物が地震に対してどれだけ強いかを示す1つの指標です。平成12年に「住宅の品質確保の促進等に関する法律」で、施主にも判りやすい耐震性を示すものとして、「耐震等級1から3」の3段階で等級を制定することとなりました。では、それぞれの等級が一体どれくらいのものなのかを解説します。

耐震等級1

耐震等級1は法律で定められている最低限の耐震性能となります。国が制定した最低等級ではありますが、震度6強~7の地震でも即倒壊はしないレベルです。

耐震等級2

耐震等級2になると、耐震等級1の1.25倍以上の耐震性能となります。耐震等級2では震度6強~7の地震が起こっても一定の補修だけで直すことができるレベルです。特に学校や避難所などには耐震等級2のところが多いようです。

耐震等級3

最高等級の耐震等級3ですが、耐震等級1の1.5倍の基準となっています。この等級では震度6強~7の地震が起こっても、軽い補修または補修が不要で住み続けられるようです。消防署や警察署、病院などは耐震等級3で設計されていることが多いといわれています。これは災害時に復興の拠点となる防災・医療施設だからです。そのような施設は最高等級の耐震等級3で設計されています。

耐震等級1だと不充分なのか?

「では、耐震等級1では安心して暮らせないのか?」と思う人もいるでしょう。しかし、耐震等級1でも家を建てることはできます。最低の耐震等級とはいえ、建築基準法でしっかりと定められている基準のためです。耐震等級1の家は震度5程度の地震ではほとんど壊れることがありません。しかし、100年に1度来るような巨大な地震では倒壊まではしないものの、柱や梁、壁などの主要部分が大破してしまい、建て直す必要があるくらいまで壊れてしまう可能性があるのです。

たとえば、熊本地震のような大震災の後には建て替え、もしくは大規模の補修が必要となる耐震性能が耐震等級1というわけです。しかし、耐震等級1でも建築基準法内で設計されており、国から正式に認められています。そのため、たとえ耐震等級1だとしても「安心できない」ということはありません

耐震等級3の家が安心なのでおすすめ

耐震等級1でも建築基準法で認められており、マイホームを建てることができます。しかし、耐震等級が高いほど耐震性能が高いのは言うまでもありません。また、ローンを組んで注文住宅を建てるので、大きな地震が起きて大規模な補修が必要になったり、建て替えが必要になったりすると、追加で費用が発生します。

2016年の熊本地震では震度7の地震が4月14日の夜に発生し、その後、4月16日にも同規模の揺れが発生しました。震度7規模の地震が短期間で2度も起こり、これまで安全とされていた建物も甚大な被害を受けたのです。熊本地震では建築基準法で安全とされていた建物(耐震等級1、2を含む)が倒壊(半壊、全壊)しました。このことが「耐震等級」を考える1つの大きなきっかけとなっています。

熊本地震が起こった同じエリア内でも、耐震等級3で建てられた家はほぼ被害がなく、被害があった建物も軽微な補修だけで済んだという報告がありました。次に起こるかもしれない大きな地震への対策として、「耐震等級3で家を建てるべき」といわれ始めています。

さらに、耐震等級3のメリットは家の耐震性だけではありません。地震保険に加入する際、耐震等級によって保険料が割引になることがあるようです。しかも、耐震等級3の場合、地震保険の保険料が最大50%オフとなるケースがあります

 

注文住宅を建てるにあたり、「耐震等級」を考えていく必要があります。次またいつ大きな地震が来るかわかりません。そのような中で安心して暮らしていくには、最高等級の耐震等級3がおすすめです。しかも、地域によっては高くなってしまう地震保険の保険料も、耐震等級3を取得していることで、最大50%オフになるかもしれません。

耐震等級3を選択することで安心感も得られ、保険料もおさえることができるでしょう。これから長く安心して暮らすために、マイホームは耐震性に優れている耐震等級3を選んでみてはいかがでしょうか。業者とよく相談して決めていくことが大切です。1社だけではなく複数社に見積もり相談してみるとよいでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索